<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
西明石の「鉄板ダイニング BORA BORA」に行ってきた。
| グルメ | 23:15 |
昨日、姉の昔からの知り合いの方が西明石に鉄板焼きの店「鉄板ダイニング BORA BORA」を出されたと言うことで、姉と行ってきました。
今回、お店を新規オープンするにあたって、私は店のロゴ等を作成させて頂いておりました。


店の外装です。 

お店のロゴです。看板を実際見てみて、お店の雰囲気に合っててよかったです。

店の内装。落ち着いた雰囲気にこだわりを感じます。

野菜サラダ。量もたっぷりです。ドレッシングが美味しいので箸が進みます。

海老のガーリックオイル煮(ナン付き)。エビは殻を剥かずそのまま殻ごと頂きました。ガーリックが効いてておいしい。

ふわふわ山芋ステーキ。出汁の効いた山芋を鉄板で焼いています。優しい味で後を引きます。

野菜たっぷりの旬魚とあさりのカルタ・ファタ蒸し。特殊なフィルムで蒸し煮にしています。バターと白ワインと具材の出汁が出てコクのあるいい味になっています。

メインのステーキ&野菜焼き。ステーキはヒレとロースです。ヒレは柔らかく、ロースはある程度の噛みごたえはありますが、肉汁がすごかったです。燻製塩、醤油、ポン酢とお好みでにんにくチップと共にいただきます。私も姉も年齢的なのか、ヒレが非常においしく感じました。さっぱりしているけど適度に脂もあって、すんごいおいしかった。

店を出すにあたっての店主の話を聞くと、元々は和食の料理人だったのが、肉に興味を持ってとことんまで追求する職人のこだわりを感じました。

ガーリックライス。これは、メニューに載ってなかったのですが、食べたいとリクエストしました。肉のうまみとガーリックが効いてて美味しかったです。

このお店は、鉄板焼き料理の他にもお酒にもこだわっていて、ベルギーのヒューガルデンの生を珍しく置いている店なのだそうです。(他、オルヴァル、よなよなビールなども頂きました。)ビール以外に焼酎、日本酒、ワインなど多種のお酒も楽しめるお店だそうです。

今回、落ち着いた雰囲気でゆっくりできました。
また機会を見つけて行きたいです。


南京町で中華
| グルメ | 04:26 |
本日、姉と二人で南京町の小小心縁 (シャオシャオシンエン)で夕食。

近い割にはあまり南京町で食べることも珍しいのですが、
姉が店のお客さんにオススメのお店ということを聞いて早速行ってみた。


夜にここを通るのも久しぶり。連休の中日なので人多い。



XO醤と季節野菜の海鮮炒め。
海鮮と野菜にニンニクとXO醤のうまみがからんで美味しい。


若鶏のネギ・ショウガソースかけ。
ユーリンチーとは少し違うけど、これはこれでさっぱりしててアリです。


福建チャーハン。
チャーハンに海鮮&野菜あんがかかってます。マイルドなやさしい味です。


福建ビーフン。
ビーフンと言ってもパサパサしていなくて、うまみがしみていて美味しい。

今日イチは、XO醤と季節野菜の海鮮炒め。
チャーハンとビーフンは結構ボリュームがあって2人でかなりお腹いっぱいになった。

おすすめだけあって満足の店でした。
仕切ってある隣のお客さんの声がもっと聞こえない感じだったらいいのにな。


タイ料理「元町 六番」でランチした。
| グルメ | 00:53 |
先日、いつもお世話になっているceroで髪の毛をカット&カラーしてもらった後に
元町 六番」でランチをした。
(ロングに少々飽きたので、気分を変えるために久々に20cmぐらい切った。)

六番さんは直球タイ料理屋さんのようで、夜はタイ人の方々でにぎわうみたいです。

昼間はランチで5種類ほどあって、その中で姉がカオマンガイ(タイ風蒸し鶏飯)、私はカオガパオガイ(鶏のバジル炒めご飯)のセットを選んだ。

先にスープが来て、ほどなく姉のカオマンガイが運ばれてきたので、
味見させてもらった。ややショウガがきいていてスープの味がご飯にしっかり味付けされているとてもおいしいご飯と、同じくスープで煮込まれて特製ソースをかけて食べる鶏との相性がすごくよかった。これはまた食べたくなる味!

それから少し経って私のガパオご飯が運ばれてきた。
食べてみると、バジルの風味がマイルドで食べやすい味でした。
(バジルが苦手な姉が食べられたぐらいなので。)
ただ私はもっとバジルの味がガツーンとくるタイプが好みやなあ。

今度はカオマンガイをリピートする予定です。
あと、パッタイ(タイ風焼きそば)が美味しいそうなのでちょっと迷うかも。


スープ


カオマンガイ(タイ風蒸し鶏飯)※ややピンぼけ気味


カオガパオガイ(鶏のバジル炒めご飯)

最近、食べ物のことばかりブログに書いてしまってますが、
自分の四柱推命の中心星が「食神」ってことでまあいいやって
開き直ってます。笑


宮崎地鶏の焼鳥「じゃじゃうま」に行ってきた。
| グルメ | 21:41 |
美味しい焼き鳥が食べたいと姉と言っていて、
近所にいい宮崎地鶏の焼鳥店があるとネットで見つかり早速行ってみました。
お店の名前は「じゃじゃうま」。

神戸地下鉄 湊川駅の西口の近く(湊川トンネルを西に抜けた近く)にあるので、
立地的には少々行きにくい場所にありますが、
私たちには近所なので、ラッキーでした。
でも、それでもこんな場所にあったんやーと盲点でした。

普段は夫婦でされているみたいですが、私たちが行った時間は
まだ早かったのでご主人だけでした。
寡黙な職人気質のような方です。
サービス業には厳しい目の姉もこのご主人を見て「手際がいい。」
と言っていました。確かに動きに無駄がなく、料理が出てくるのも早かったです。
料理すべて間違いない味で、箸が進む進む。


砂ずりの刺身(厚く切られており、歯ごたえが楽しめました。)


たたき(少し甘い九州の醤油に付けて味わいます。)


せせり(これで3本300円!ボリュームがすごい!)


ハツ(これも1本が大きい!臭みもなくおいしい。)


砂ずりとニンニクの芽のガーリック炒め。(間違いない味。これはビールと合います。)


もも焼き(これはシンプルに塩味で、歯ごたえがすごいです。)


山芋焼き(キラーメニューらしいです。醤油味でふわふわとろりです。)


背ぎも(キモ系が苦手なのに頼んでしまいましたが、好きな人にはたまらない味だと思います。)

これらの他に、シュウマイの唐揚げとシャケのおにぎりも頼んだのですが、
おにぎりの握り方が絶妙で、シンプルなのに印象に残りました。

これだけ頼んで(あまり飲み物は飲んでませんが。。)2人で6,000円って
質量ともにむっちゃお得です。お腹苦しかったです。
これは確かにこの立地で人が来るはずだなあと。

記憶に残る味で、またぜひ行きたい店です。


餃子屋 満園 (マンエン)に行ってきた。
| グルメ | 21:18 |
連休の中日の日曜日に姉と餃子屋 満園 (マンエン)に行ってきました。

なんとなく二人とも中華が食べたいという話になり、
前から気になっていたこの店で夕食を食べました。

私たちが行った6時はまだお客さんが来ていなくてその後徐々に常連客とか予約客などでにぎわったと思うのですが、12席ほどのお店なので、予約して行った方が無難だと思います。

店主は、芸人の「おにぎり」似で気のいい中国の方でした。
料理なども待つことなく、とても手際がよかったです。

味も前評判通りとてもおいしかったと思います。
特にエビマヨや前菜はかなりリーズナブルです。
というか全部の料理の盛りもよし、味もよしで、全部お得です。

下記の料理とウーロン茶を2杯ずつで、一人あたま2,000円弱!!
他にマーボー豆腐や水餃子など美味しいと評判の定番料理もあります。

お腹いっぱいで、かなり満足のお店でした。しあわせー。
(ここのところちょっと食べ過ぎなので、少し節制しなければ。。)


【PHOTO】※クリックすると拡大でご覧になれます。


前菜三種盛り(三種と書いてあるのに5種盛りである。これで920円。)


エビマヨ(マヨソースが絶妙、エビもプリプリ。)


鳥の唐揚げ(からっとジューシー。粗挽きコショウがアクセント。)


海鮮二種炒め(タイで食べたような少しスパイシーな味がしました。)


焼きそば(醤油ベースで野菜もたっぷり。)

そういえば、昨年末からiPhone4Sに変えました。
上の写真はすべてiphoneで撮ったのですが、カメラの性能すごいですね。
「プロカメラ」というアプリでかなり近影での撮影ができるんですねー。


竹海で中華!
| グルメ | 23:57 |
母親が14日から韓国に旅行に行ったので、盆休みの1日は外食しようと日曜は姉と三宮の「竹海」に行きました。
そごうの催し会場で韓国展をやっていて、ホットクが食べたかったけど我慢。。

姉と2人だったので、メニューを絞り込んで下記の4品を頼みました。
どれも美味しかったです。このお店ではいつもハズレなし!

今回お酒を飲んでなかったのですが、1人2,000円ちょいでお腹いっぱい大満足。


エビのマヨネーズ炒め


空芯菜のエビミソ炒め


とり骨付きと唐がらしピーナッツ炒め
※これは毎回必ず頼みます。お気に入り。


上海やきそば


久しぶりにランチの写真を【ベルドゥーラ (Verdura)】
| グルメ | 22:48 |
元町のイタリアンの店に姉とランチに行ってきた。
普段からよくグルメ系のブログを見ているのですが、そこで見つけたお店です。

ベルドゥーラ (Verdura)

ランチメニューがお得ということで、1,200円のパスタランチを選びました。


サラダと前菜4種盛り


カボチャのスープ


タマネギとベーコンのピリ辛トマトソース(姉)


スイカとライムの冷たいパスタ(私)


デザート(私はティラミスを選びました。)

味は、普通に美味しい感じでした。。。ちょっと深みが足りない感じ。
スープとデザートは美味しかった。
でも、前菜+スープ+パスタ+デザート+ドリンクで1,200円は
とてもコストパフォーマンスがいいと思いますし、
雰囲気のいいお店です。土日のランチは混むので早い目に。


食べるラー油を作ってみた。
| グルメ | 16:37 |
食べるラー油が人気で、元祖の石垣島ラー油や最近では桃屋とかS&Bのとか
欠品になっているみたいですね。
探してみたら食べるラー油は簡単に作れるみたいなので、作ってみました。
元は、

具だくさん!食べるラー油の手づくりレシピ
食べるラー油 レシピ

などを参考にしましたが、さらにもっと簡単に作りました。
むちゃくちゃ簡単で美味しいので、よかったら試してみてください。
材料は全て大きめのスーパーで揃います。

【材料】
・サラダ油:100cc(さっぱりしたキャノーラ油などがいいかと)
・唐辛子:30gぐらい(輪切りにしてあるやつ。韓国産があまり辛くなくていいらしい。)
・フライドオニオン:12g(スーパーで100円ぐらいで売ってます)
・フライドガーリック:12g(これもスーパーで100円ぐらいで売ってます)
・干しえび:30g(量はあまり気にしなくてもいいと思います。)
・貝ひも:20g(入れなくても大丈夫。たまたま家にあったので入れてみた。)
・顆粒スープの素:小さじ1ぐらい(ホタテだしの素、なければ鶏ガラスープの素でも)

【作り方】
1. 干しえびや貝ひもを細かく刻んでおく。
フライドガーリックは袋を開ける前に粉々につぶしておく。
耐熱性のボウルに上記サラダ油以外の材料を入れます。

2. 鍋にサラダ油を入れて火にかけます。

3. 鍋から軽く煙が出かけたら、火を止めて1.にざっと油を回しかけます。

4. 油が材料に浸るように箸などでかき混ぜます。

5. 熱が冷めたらビンなどに詰めてできあがり。

好みにもよるのですが、私はもうちょっとガーリックの量を減らしてもいいと思います。フライドオニオンと干しえびがむっちゃいい仕事してくれますので。

さらに少々贅沢に美味しくしたい場合は干し貝柱を入れても美味しいと思います。

最近mixiでいろんな方の手相の写真を送ってもらって、ちょいちょい観させて頂いてるのですが、時短のために近々カルテやら手相の性質が入れられるデータベースをwordpressで作りたいー。絶対便利なので。ただ、本やサイトから引用をするので完全個人仕様にしないと。


久しぶりにランチの写真でも
| グルメ | 01:08 |
【PHOTO】※クリックすると拡大でご覧になれます。

本日入荷の新鮮魚介盛り合わせ


広島カキと春野菜のアーリオ・オーリオペペロンチーノ


季節のフルーツとパンナコッタ

先日、姉と「Si! gassiga 」にランチをしに行ってきた。
ここ最近は行く店を前もって決めて行くので、ランチがとても楽しみです。

今回は食べログで見たところ前菜付きにした方がオススメとあったので、
前菜付きにしました。上記写真の料理に+フォカッチャ+飲み物で1,575円。
内容からしてお得感がありました。
(デザートはクーポンを持って行ったのでサービスしてもらった)

パスタは今回、オイル系のが食べたくてペペロンチーノにしたのですが、
大降りのブリンブリンのカキがごろごろ入ってましたー。
好きな人にはたまらない一品だと思います。
しかしながら、なにせ私カキが苦手で、小さいのをチャレンジしたのですが、
2個が限界。。あとは姉に食べてもらいましたー。
野菜にも味がしみててパスタ自体はとても美味しくいただきました。

いい雰囲気の店なので、またメニューが変わった頃に行きたいです。


タイ料理を食べてきた。
| グルメ | 03:05 |
【PHOTO】※クリックすると拡大でご覧になれます。

生春巻き


プーパッポンカレー(海鮮のカレー炒め)


タレーチャーンローン(海鮮とハーブの鉄板炒め)


パッタイ(米麺の焼きそば)

今日は、三宮の「バーンタイ」に行ってきました。
友人曰く、予約をしていないと入れない店だそうで、前もって予約して来ました。

写真の料理は3人で頼んだ量なのですが、これでちょうどぐらいで一人あたま2,500円ぐらいでした。安かった。

特にプーパッポンカレーとタレーチャーンローンうまかったー。
材料は同じ感じなのですが、味が違う料理なので、両方楽しめました。
プーパッポンカレーはタイで食べたのはワタリガニのものだったのですが、
ここのはエビやイカの他にソフトシェルクラブを使っていて、殻ごと食べられるので食べやすかったです。

人気があって忙しい店ですが、できるだけお客さんに快適に料理を楽しんでもらいたいとおもてなしをする(タイ語ペラペラの)日本人の女将さんの対応もとても気持ちがよかったです。

またきっと食べたくなるので、その時にはまた来ます。


| 1/2PAGES | >>